福利厚生を使ってAWSソリューションアーキテクト アソシエイトを取得しました

つい最近、中途入社しましたバックエンドチームのid:takanamitoです。

今回は入社してすぐに会社の福利厚生をつかってAWSソリューションアーキテクト アソシエイトレベルを取得した話をご紹介します。

Amazon - Badge Verification - CertMetrics

f:id:vasilyjp:20180226141740p:plain

続きを読む

Androidアプリにおけるエラー時のユーザーフィードバックについて

こんにちは、フロントエンドエンジニアの権守です。

プログラミングをしていると頭を悩まされるものの1つにエラーハンドリングがあると思います。シンプルにできた実装に手を入れる必要が生じるなど、正直目を逸らしたくなることもあります。ですが、Androidアプリ開発を通して改めて考える機会があったので、そこで得られた知見を紹介しようと思います。 本記事では特に、エラー時にユーザーへどのようなフィードバックを返すかという点に注目して、それについての考えと取り入れている仕組みを紹介します。

f:id:vasilyjp:20180222174852j:plain

続きを読む

就職活動としての実務型インターンのすすめ

こんにちは、インターンの@takewakaです。 もう春休みなのでほぼ毎日出勤してカスタマーサポートのAPIとUIを作る毎日です。

私は現在大学4年で4月からVASILYに就職する予定です。VASILYでのインターンは来月で丁度1年となります。

私は就職活動を始める前からwebエンジニアとして働く希望があったので、一般的な就職活動はあまりせず実務型インターンを通じてwebエンジニアとしてのスキルと経験を培うことに専念しました。 (ここで言う一般的な就職活動とは、『自己分析&企業研究→志望動機&自己PR作成→エントリー→面接→内定』の一連の流れを指します) 今振り返るとこのような形で就職活動をしたことは、自分にとって素晴らしい選択であったと自信を持って言えます。 本記事では、私がこのような就職活動を経た理由について書きます。

f:id:vasilyjp:20180222110702j:plain

続きを読む

PyMC3を使ったベイズ推論によるA/Bテスト

こんにちは。 データチームの後藤です。

A/Bテストはサービス改善のための施策の効果測定に欠かせないツールですが、最近のVASILYでは、運用するサービスが増えてきたことに伴いA/Bテストの内容も多様化してきました。今回はそのA/Bテストにベイズ推論を用いた具体的な例を紹介します。

続きを読む

10代エンジニアが思う、インターンに応募してよかった5つのコト

f:id:vasilyjp:20180215193903j:plainこんにちは、VASILYでエンジニアインターンをしている劉です。 僕は昨年の四月、大学一年生になりました。その後、自分でプログラミングを学ぼうとしましたが行き詰まり、六月に思い切ってVASILYのインターンシップに応募しました。それから半年以上働いてみて、あの時思い切って応募してよかったと思うことが多くありました。今日はそのいくつかを紹介したいと思います。

続きを読む

FacebookAccountKitを用いたSMS認証(サーバーサイド編)

こんにちは! 最近は熱燗にはまってます。 バックエンドエンジニアのりほやんです。

本記事では、最近2段階認証などにもよく使われているSMS認証のサーバーサイド実装についてご紹介します。 FacebookAccountKitを用いて実装しました。

続きを読む

大規模リファクタリングで痛感したSwiftのOptionalとの正しい付き合い方

f:id:vasilyjp:20180202153329j:plainiOSアプリチームの@hiragramです。

最近、ファーストリリース時からあった画面の大規模なリファクタリングを担当しました。 コードは遅かれ早かれ賞味期限が切れて少しずつ腐っていくものですが、その賞味期限を少しでも伸ばすために、普段コードを書く時にSwiftのOptionalについて意識していることを記事にします。

「とりあえずOptional」をやめる

SwiftのOptionalは便利ですが、「Optionalを使えば、nilを安全に扱えて良い」と捉えてしまうと、気づくとモデルのプロパティがOptionalだらけになっていて使う側で毎回アンラップをしなくてはいけないような状況に必ずなります。

続きを読む